« 間に合わず・・ | トップページ | 週末♪++西荻と庭の緑++ »

2009年4月10日 (金)

いちご・チョコジャム

今日は先週末に作ったいちごジャムの紹介です。

いちごの季節も終わりに近づき、だいぶ安くなってきたので名残を惜しんでジャム作りですnote

いちごの種類もいろいろありますが、出来上がりの色の鮮やかさでいうと芯まで赤い「あまおう」がお勧めです。もちろん他のいちごもおいしいですが、ちょっと贅沢に「あまおう」で作ってみたらその色のきれいなことsign01

他の種類でも芯まで赤い種類だと同じかもしれませんね。

で、今回はその「あまおう」で普通のいちごジャムとチョコを混ぜたいちごチョコジャムを作りました。

<いちごジャム&いちごチョコジャムの作り方>

[材料]

 いちごジャム      いちご(今回はあまおう)  600g 

               砂糖(今回はきびとう)    200g

               レモン汁           1/2個分

 いちごチョコジャム   いちご(あまおう)        400g

               砂糖(きびとう)        100g 

                                 チョコ(今回はビター)    80g

 *うちは娘もビターチョコが好きなのでビターでしたが、砂糖も少ないので出来上がりはかなりビターですhappy02    

なので下の子にはビター過ぎたかもsweat01スイートチョコかミルクチョコとかお好みで加減してくださいね。

また、砂糖もいちごの1/3量なのでかなり控えめです。これも加減してください。

[作り方]

りんごの時と同様、いちごに砂糖をまぶし、レモン汁を分量の半分かけて混ぜ、またまた水分が出てくるまでおきます。

いちごは丸ごとでもいいですが、これまたあっという間に食べちゃうので四つ切りにしました。

P1040403_2 

こちらはいちごジャム

P1040410

混ぜたところです。

P1040408_2 P1040409

こちらはいちごチョコジャム用です。

チョコは最後に入れるので、途中までは同じ作り方です。

P1040433

で、これが蓋かラップをして冷蔵庫で一日置き、水分がたっぷり出た状態です。

これを火にかけ、強火から煮立ってきたら中火くらいで吹きこぼれない程度に火加減を調節し、30分くらい煮ていきます。

P1040434

P1040435

いちごは灰汁がたくさん出るので丁寧にこれを取っていきます。

アワアワしたとこが灰汁ですよ。

で、この間に瓶を煮沸消毒しておきます。

P1040437

ちょっとわかりづらいですが、灰汁も少なくなってきてだいぶ落ち着いてきたら焦がさないように気を付けて、火を少し弱火にしていちごの状態を見てみましょう。

水に雫をたらしてなんとなくまとまってもやもやってしてきたらそろそろいいかな。

砂糖が少ないので市販のジャムよりかなりゆるめでヨーグルトソース位のとろみです。

また、熱いうちはとろとろですが、冷めてくると少し落ち着きます。

ここで、普通のいちごジャムは残りのレモン汁を入れて一煮立ちさせ、火を止めて出来上がりsign01

チョコジャムは先に火を止めて少し荒熱をとります。   

P1040438_2 P1040439 P1040440

そしてチョコを混ぜて出来上がりですsign03

P1040441

熱々のうちに瓶に詰め、完成good

P1040475_2

色鮮やかないちごジャムの出来上がりですshine

白いパンにつけると色のきれいさにうっとりですよconfident

それにいちごチョコジャムはちょっぴり贅沢な感じで子供も喜ぶお勧めですheart04

色々な味のジャムはロミユニ・コンフィチュールというお店のジャムを味わって感激してから試してみるようになりました。

ジャムは好みで色々アレンジできるし、完全に失敗bearingがあんまり無いと思うので楽しめますよ。

           

|

« 間に合わず・・ | トップページ | 週末♪++西荻と庭の緑++ »

手作り」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534745/44625948

この記事へのトラックバック一覧です: いちご・チョコジャム:

« 間に合わず・・ | トップページ | 週末♪++西荻と庭の緑++ »