« 新年の第一作***ポンチョコート♪ | トップページ | おかしいなぁ »

2011年1月18日 (火)

タイムスリップ***あの頃の手芸時代♪

お正月に実家に帰っていた時に、久々に昔のものを引っ張り出してちょっとしたタイムスリップ・・・・

小学生の頃作ったお人形たち・・・・色々

 

きっかけはブログのお友達katzenmamaさんがかわいいお人形を作って・・・・そのコメント欄に登場していた人形作家:米山京子さんの名前を久々に見つけたから・・・confident

そうそうそれは、私のてしごとの始まりとも言える出会いでした++++

ちょっと大げさ?でも、今でもはっきり覚えてるんだからやっぱりかなりの印象だったんだよね。

 

最初は小学校一年生の頃(かな?)、幼なじみの親友Aちゃんのお誕生日会。

毎年、お返しのプレゼントはその子のお母さん手作りの品。

その子のお母さんも手作りが好きだったんだよね。

みんなでお揃いのアップリケの付いたバッグとかね。

毎年それが楽しみでした( ^ω^ )

あ、もちろんAちゃんへのお祝いの気持ちもね。

で、その年はお人形だったんだけど、スティックタイプでみんなで人形劇とかして遊べるようなこのお人形。

色々色違いで作ってくれてて、私はこの青い女の子を。

P1030885

一目見て・・・・かわいいlovely

その、ふんわり優しい顔が・・・

立体感のあるお人形の顔にとっても惹きつけられたのです。

もともとフランス人形とかちょっとリアルなお人形は苦手系なんですが・・・

この子は私のお気に入りになりました(´ー`)

アラフォー世代の私の小学生時代、当時は手芸とか流行ってた気がする。

うちの母は洋裁の方が得意だったので手芸はあんまりやってなかったから、手芸関係に関するものはその子のお母様とか、母の妹である伯母とかがよくやっていたのをみて影響を受けたかな。

だからうちには母が持ってる手芸の本はあんまり無かったなぁ。

そんな中、3年生の時、父に付いて行った商店街の本屋さんで見つけたの!

この子と同じ顔したお人形の作り方の本を!!

それが米山京子さんの本だったわけです。

 

あの人形は、これだったんだ~happy02

これ!絶対欲しいーーーーー!!

その当時、父が誘って本屋に行った時は毎回必ず一冊本を買ってくれるっていうルールが何となくあり、しかも、マンガでも雑誌でもジャンルを問わず本人が選んだものを文句も言わずに買ってくれてました。

ま、一番買ってたのはもちろん父ですが(^-^;

けど、その日は姉も母もみんな一緒だったのか、

本をパラパラとみて、

「こんな難しいのまだ無理だよ~。ほかのにしなさい。」

とかなり反対に合い・・・

「無理無理、絶対作れないからぁ。」

と言われ・・・・

「そんなことないよ!頑張って絶対作るから!」

って、押し切って買って貰った大事な大事な本。

嬉しくて、嬉しくて・・・・

作り方を眺め、

お人形達の絵本のような写真を眺め、

こんなの作りたい、あんなの作りたい・・・・

と妄想にふける・・・・catface

 

そして作ったのがこの人形です。

 

P1030884

 

左がその本で、真ん中の大きいのが私作の。

すっかり変色したりシミが出来たりですが・・・・

隣の人形はのちに伯母から頂いたもの。

やっぱり手芸好きは同じものに惹かれるのね~。

 

本の中身、作り方の手順はざっとこんな感じ。

一応、引用なので、あんまりハッキリは写せませんが・・・

P1030899 P1030900_4 P1030901 P1030903 P1030904 P1030902 P1030905 P1030907

結構本格的でしょ?

3年生だった私には相当な大作でしたshine

人形は顔が命~じゃないけれど、顔づくりがほとんどを占めてます。

本格的なミシンワークもたぶんこれがデビューだと・・・

確か、5本指やスカートの裾の三巻仕様とかを縫うのに、母にサポートしてもらいつつも頑張って一人で仕上げたと思うな。

ま、おかげでガタガタの5本指とガタガタの三巻ですがcoldsweats01

当時は本当にこの人形が流行ってたみたいで、あちこちで米山さん風のお人形を見かけてた気がします。

友達の母だったか、伯母だったか、手作りバザーで買ったものか忘れちゃったけど、

このお人形の顔が付いたパジャマ入れを枕元に吊るしていて、パジャマをいつもそこに仕舞っていました。

緑色のお洋服の人形だったな。

 

苦労したのは材料集め。

何せ、手芸材料を新しく買うお小遣いもあんまりないし、何より材料を売ってるお店が近くに無かったし。

だからメインのお顔を包むジャージー(今ならフライスニットとかかな)も、布が買えないので肌着をリサイクル。

胴に詰めるパッキンも、ダンボールの林檎のパッキンをとっておいて・・・

他の布も母の端切れをもらって代用。

毛糸で作る髪の毛ももちろん家にあったもので・・・。

 

約束通りちゃんと作り上げて大満足の私でしたが、手取り足取り根気よく付き合ってくれた母も、きっと大変だったろうなsweat01

何せ、材料一つとっても、これ何?これはどこにあるの?

って、一々聞いてたんだからね。

 

でも、これを完成させられたからこそ、きっとちょっと自信がついて、ますます手芸好きになっていったんだろうな。

男の子でいえばプラモデルかな。

 

だいぶくたびれちゃってホコリだらけだけど・・・・やっぱり捨てられずに・・・・また箱に入れて実家に仕舞っておきました。

 

 

***ところで、この記事を書くのにサイトを色々見ていたら、米山京子さんのHPを見つけました。

 米山京子さんのHP Doll Doll

今も娘さんの米山マリさんとご一緒に、現役で人形作家としてご活躍されてるようです。

マリさん?

たしか上の本の中に子供の頃のマリさんをモデルにしたお人形がありました。

「子どもの成長と共にお人形を作ってます。」

みたいなことが書いてあって、赤ちゃんの頃から小学生くらいまでの人形が載ってました。

そのマリさんがやっぱり人形作家になってるんだぁと、これまた感慨ぶかく・・・

しかも、お店が意外と近くにありました。

今度機会があったらいってみたいな。

 

    。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

そして、タイムスリップはまだちょっと続きます・・・・・

 

 

|

« 新年の第一作***ポンチョコート♪ | トップページ | おかしいなぁ »

はじめましてと自己紹介」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

編み物」カテゴリの記事

雑貨」カテゴリの記事

コメント

私も見たことある!
小さい頃本が家にあったんじゃないかなぁ
誰が買った本だったんだろう…姉かなぁ…
それにしても、3年生でこのお人形を作っちゃっただなんて~もうびっくりだよ!
しかも上手!!
夢中になってる3年生のこりえりさんを想像しちゃった♪
ウチに同学年がいるからさ(^_-)-☆
取ってあるところがまたステキ
続きも楽しみだな~

投稿: ゆっきー | 2011年1月18日 (火) 06時33分

お久しぶりですheart01

幼いときに作ったお人形。。
大切にとってあるなんてステキ~shine
しかも3年生でこの大作!!
中3じゃぁないよねぇ。。coldsweats01
(小学校のときって書いてあるじゃーんってsweat01

私は中2のとき、家庭科でえだまめのぬいぐるみの課題があり、もう全然出来なくて家で
泣いてた~crying
(形にならなくてねぇ。。)

…こりえりさんと違いすぎだぁ。。。ブブ

投稿: しゃきころりん | 2011年1月18日 (火) 09時21分

うんうん!同年代なのかな?
こんな感じの本見たぞ~。
しかし、3年生でここまで出来るとは!
家庭科で縫い方習うのは5年からだよね?
私は4年頃からフェルト人形作ってたけど、
ミシンは未知の世界だったよ。
材料集めとか、すごいね。充分だよ。
お母さんも最後まで良く見てくれたね。
見習わないとです!

投稿: omi | 2011年1月18日 (火) 09時33分

私も自分の手芸デビューを思い出してしまいましたよ~happy01
一番さかのぼって、幼稚園年長の時の『かぎ針編み』かなぁsweat01
しかし、よく本が残っていましたねheart01
米山京子さんの本は子供の時に見て、柔らかそうな人形だなぁって思ったかな。
当時、大高輝美さんのフェルト人形にハマっていたから、たぶん別世界だったんでしょうね~。
大作、スゴイですよ~note

投稿: りぃ | 2011年1月18日 (火) 12時08分

ちゃんと米山京子さんのお人形の雰囲気が出ているのがすごい。
あの顔を作るには、脱脂綿を畳んだり巻いたり、説明を読んでいるうちに嫌になってしまうくらいなのに、よく理解できましたよね。
あの手も細かすぎる。私はミシンかけ自信ありません。
米山マリさんは、刺しゅうのほうで知っていたのですが、京子さんの娘さんと言うのはつい最近知りました。
次は何が出てくるのだろう?楽しみに待ってま~す!

投稿: katzenmama | 2011年1月18日 (火) 13時52分

そうだね!
結構手芸流行っていたよねheart02
私も編み物や刺繍をしたり、マスコットとか作っていた気がするribbon
こりえりちゃんのお人形さんたちはとっても綺麗にとってあって、そんなところもすごいなぁshineと思っちゃいますvirgo

投稿: 花織 | 2011年1月18日 (火) 16時25分

全てのパーツが全部手作りeyeすごく根気がいったでしょうね。すごい大作!
でも好きってこういうことなんだろうね♪

私は祖母にもらったものだけど、こういうお人形ずっと大事に持っていたの思い出しました☆
見れば見るほど懐かしいなぁ~。

素敵なお話し聞かせてもらって、ありがとう。
それと今年もよろしくお願いします。

投稿: いろり | 2011年1月18日 (火) 21時22分

r-mark
みなさんコメントありがとう!!
お返事遅くなってスミマセンsweat01
 
r-markゆっきーさんへ
 
おお、持ってましたか?
お姉さまも手作りされる方なんですね。
うちの娘が3年生になった頃、「ああ、この頃人形作ったなー」と思い、あまり手芸をしない娘に比べて私って頑張ってたじゃん!!
などと思ったりしましたが・・・・
その代わり娘は音楽できるし・・・
やっぱり好きなものへの頑張りは凄いんだな、って思い直しましたbleah
 
 
r-markしゃきころりんさんへ
 
えだまめのぬいぐるみ???
それが課題って、また随分コアだよcoldsweats01
長細いから抱き枕とか?
結局どんなのが出来たのか・・・想像しちゃうよ( ´艸`)プププ
 
 
r-markomiさんへ
 
そうそう、それならきっと同世代だよ(*゚▽゚)ノ
フェルト人形も作ったものね。
いや~、ほんと、母は根気良く付き合ってくれたんだな~って今思うとね。
私なんて、教えてるとついイラッとしちゃったりすることあるから反省反省sweat01
 
 
r-markりぃさんへ
 
幼稚園でかぎ針編みは凄いね!
手が小さいから持つだけで大変だったでしょう。
本も無いかな~って思ったら本棚に残ってました!!
感激catface
お、出ましたね、大高輝美さん、続きの記事に書きますよ~。
 
 
r-markkatzenmamaさんへ
 
顔の雰囲気出てる??
わーい、嬉しいな。
あの脱脂綿で立体感を作るのが衝撃でした。
だから挑戦意欲が出ちゃったのかな。
脱脂綿もそういえば当時は祖母からもらったかな~。
「何に使うの?」ってな感じで(^-^;
そう、米山マリさんは刺繍をされてるんですってね。
mamaさんはそっち方面から知ってたんですね。
じゃあ、2人が親子だって知ったときは「そうだったんだ!」って感じかな?
 
 
r-mark花織ちゃんへ
 
やっぱり手芸やってましたか~。
あの頃の小学生には時間がいっぱいあったような気がするな。
かなり厳選した後のお人形達ですが、きっとこのままずぅーっと取っておくんだろうな。
 
 
r-markいろりさんへ
 
いろりさんお久しぶり~。
こちらこそ、今年もよろしくね。
年初めだというのに、もう昔懐かし話になっちゃって、締めくくりみたいだよねsweat01
いろりさんのお人形はおばあさまの手作りだったのかな?
そうだね、全部手作りだったからどのくらいかかったのか忘れちゃったけど・・・あの頃は時間もたっぷりあったしねwink
 


投稿: こりえり | 2011年1月20日 (木) 16時16分

こりえりパパさま、やっぱりステキ!
私の両親も、本は心の栄養 と言って、よく
本を買ってもらってました~。
私もなるべくそうありたいと思ってマス。
今では、この本面白かったよ。読んでみる?
と娘に薦められる本もあったりで、
なかなかたのしい~。もちろんその中には漫画も
ありなんだけど(毎月別マを女三人で回し読みしてます~)

こりえりちゃんの製作に根気よく付き合って下さったこりえりママもすばらしいです。
そうありたいけどなかなか・・・・

投稿: yuu | 2011年1月22日 (土) 16時40分

r-markyuuちゃんへ
 
本は心の栄養、いいね、いいね。
さぞかしyuuちゃんも本好き少女だったのでしょうねwink
私も少女雑誌大好きだったんだけど、最近はやっぱり単行本になったのしか読めないsweat01
fuuもそうみたいで、毎月ちょっとずつ読む・・・が出来なくなっているcoldsweats01
でも、yuuちゃんち女子3人で回し読みは話題も共有で楽しそうだね♪
あ、私もfuuが読んだ本を回してもらってますよbleah
目下、今頃ですが「告白」を読んでます。
やっぱり映画みたいな。

投稿: こりえり | 2011年1月24日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年の第一作***ポンチョコート♪ | トップページ | おかしいなぁ »